必要な証拠について

不倫の慰謝料を請求するならば、そもそも相手方が不倫をしていたという証拠を提示しなければいけません。それではどのようなものが証拠として認められるのでしょうか。たとえばメールや動画、写真、録音した音声、領収書といったものがあります。

スマホそれでは証拠の中でも特に慰謝料請求で有利になるものを紹介しましょう。この場合は内容にも注目されます。たとえばメールやSNSなどで肉体関係があったと推測できるような内容になっていれば、有利な証拠といえるでしょう。ホテルに入る場面や性行為をしている場面の写真や動画も有利です。録音した音声では浮気や不倫の事実を認めたものは有利となるでしょう。領収書はラブホテルを利用したものであれば浮気をした証拠として有利になります。

探偵や調査会社を利用しているならば、このような証拠をすでにたくさん集めているケースも多いでしょう。ただし、証拠がないというケースもあるかもしれません。それでも本人か浮気相手が不貞行為を自白したならば、それで慰謝料を請求できる可能性があります。弁護士を利用すれば、相手に連絡してもらうことができるため、すぐに慰謝料の支払いに応じるケースもあるのです。いずれにしても弁護士に相談をすれば上手くいくでしょう。

弁護士への相談

弁護士これから慰謝料を請求したいならば弁護士に相談をしましょう。弁護士を活用しなくても当人達の話し合いで慰謝料を決定することはできます。しかし、それでは相場通りの慰謝料を請求できないかもしれません。また、当人達だけで話し合いをするのは大きなリスクがあります。そこで喧嘩に発展してしまったり、大きなストレスを受けてしまうこともあるからです。慰謝料弁護士と言っても良いような慰謝料請求に特化した弁護士に相談をして、実際に慰謝料請求を手伝ってもらうことは大きなメリットがあるのです。

基本的に弁護士が交渉をしたり、書面の取り交わしをしてくれます。必要な手続きをすべて弁護士に任せてしまうことができるのです。これによってストレスがかからなくなるでしょう。相手方と直接会う必要がなくなるのです。

弁護士に依頼をすることによって、まったく相手と顔を合わせる必要がなくなります。そもそも、当事者同士が顔を合わせてしまうことにはデメリットがあるのです。冷静に話し合いができないケースも少なくありません。弁護士に代理人として行動してもらう方が精神的にとても楽になります。弁護士であれば法律行為もできます。とても便利で頼りになる存在として弁護士を活用できるのです。万が一、裁判所に出頭しなければいけない場合でも、弁護士を代理人として代わりに出頭させることができます。このようにいろいろなメリットがあるため、弁護士の活用はおすすめです。